Belive in Tigers 執念

DATA

DeNAvs 広島東洋カープ
8/14,15,16

福留、糸井のベテラン2人がチームを牽引。
左腕・岩貞がコイ倒を誓う。

 本拠地・甲子園を約1ヶ月離れる「長期ロード」も、折り返しとなる12試合を終えた。7勝5敗、今季初の3カード連続勝ち越し中の勢いそのままに、首位を快走する広島に挑む。野手最年長の41歳・福留が絶好調。8月の成績は25打数12安打3本塁打7打点。脅威の打率4割8分でチームの好調を支えている。11日のDeNA戦(横浜)では2点リードの3回に左腕・東から追撃の10号ソロをかっ飛ばした。4年連続、13度目の2桁本塁打を達成。41歳シーズンでの2桁本塁打は金本監督が現役時代に記録して以来の快挙。「塁に出てチャンスを作ろうと思い打ちにいきました。いい形でしっかりと捉えることが出来ました」。日米通算2276安打のバットコントロールは、いまだ衰えることを知らない。福留とともに打線を引っ張るのが、右腓(ひ)骨骨折から回復途上で出場を続ける超人・糸井。7月21日に一軍に復帰すると、49打数17安打、打率3割4分7厘と徐々に状態を上げてきた。圧巻だったのは9日の巨人戦(東京D)。同点の8回。沢村とのガチンコ勝負。150km/hの直球をフルスイングし、「力と力の勝負」を制して右翼席の最上部の壁に突き刺した。本人も「完璧でした」と振り返る一発。コイ斬りへ大事な初戦を任されるのは岩貞。前回7日の巨人戦(東京D)ではソロ3発を浴びたが粘投と打線の援護で5勝目をつかんだ。プロ入り後、対広島戦では16試合先発していまだに勝ちがなく、自身10連敗中と「鬼門」だが、コイ倒なくしてチームの上位進出はなく、左腕にかかる期待はおのずと高まる。

PLAYERS PHOTO