Belive in Tigers 執念

DATA

ヤクルトvs 東京ヤクルトスワローズ
8/28,29,30

1ヶ月ぶりの甲子園で
岩貞がリーグ屈指の強力打線を封じ込む

 球児たちに明け渡していた甲子園に猛虎が1ヶ月ぶりに帰ってくる。長期ロードは12勝12敗で勝率5割。6年連続の勝ち越しは惜しくも逃したが、26日の巨人戦(東京D)では終盤8回に5点差をひっくり返しての大逆転勝利。屈辱の2連続完封負けから「執念」をみせたチームは、本拠地に戻ってリーグ2位・ヤクルトとの3連戦に臨む。
 ツバメ退治の初戦を任された岩貞が先発マウンドに上がる。今季甲子園では7試合で3勝3敗ながら防御率1.54と粘り強く抑え続けている左腕。27日に甲子園で行われた投手指名練習ではキャッチボールや短いダッシュを繰り返し、万全の調整で登板に備えた。
 猛虎打線では選手会長の梅野が元気だ。8月に入ってから打率3割3分3厘(63打数21安打)4本塁打。すでにキャリアハイのシーズン8本塁打に並び、小技に加えてパンチ力も目立つようになってきた。それでも梅野に求められるのは“攻守の要”としての役割。序盤に大量失点では波に乗れず、「打線が上向いてこない中、(チームの)士気的に下がってしまうので」と捕手・梅野はリード面での反省を口にした。
 ヤクルト先発・小川とは今季初対戦。昨年は2勝1敗で、甲子園に限れば2014年以来白星を許していない虎。ここまで107試合を戦い本拠地・甲子園では16勝25敗1分と借金9。地元ファンの声援を後押しに、ヤクルト、DeNAと続く6連戦を勝ち抜きたい。

PLAYERS PHOTO