ニュース

超変革!金本監督リポート

TOP > ニュース > 初采配初勝利。楽天に4発快勝。

2016.2.19
初采配初勝利。楽天に4発快勝。


金本新監督の「鍛えるキャンプ」も折り返し。初の対外試合となる楽天との練習試合(宜野座)を前に「勝敗には全然、こだわらない。

練習試合、オープン戦は練習だから」の思惑とは対照的に4アーチを含む12安打12得点で快勝発進。それでも勝って兜の緒を締めた指揮官。「超改革」へ一切の妥協はない。

■第4クール初日(16日)
▽10時 再訪した日本代表の小久保監督とあいさつを交わす。

▽11時30分 練習試合で訪れた“恩師”でもある楽天・星野副会長がグラウンドに登場。帽子をとり握手。「『いい雰囲気らしいな』と言っていただいた」とやりとりを明かす。星野副会長も「(優勝した03年の)俺の時もあいつが(チームを)改革したようなもの。タイガースのバッターは振りがいい」とエールをもらう。その後、ゴメスを直接指導。

▽13時 楽天との練習試合開始。金本阪神初の対外試合で“初采配”。腕組みしながら厳しい表情で戦況を見守る。

▽13時30分 2回裏2死三塁から江越が暴投で本塁生還で先制。3回表に逆転を許すもその裏、1死二塁から西岡が逆転2ランしベンチ前で出迎える。その後、投手交代で初の選手交代を審判に告げる。

▽14時 4回裏に陽川、5回裏に横田と今キャンプ直接指導してきた“金本チルドレン”がソロアーチを描く。「横田は実戦向き。練習の形より試合の形の方がいい。陽川もファウルで粘って打ったところに価値がある」と成長を実感。

▽15時 7回裏にペレスに2ランが飛び出し2回以降は毎回得点。4本塁打を含む12安打12得点で12―5で快勝。鍛え上げた選手たちが結果を出す。それでも試合後も浮かれる様子はない。「あくまで目標はエース級、中日・大野や巨人の菅野、セットアッパー、クローザー。そこを打てる打力。そこが目標」とナインを引き締める。

▽16時 初の対外試合を勝利で終え囲み取材を終え宿舎へ。

■同2日目(17日)
▽9時 ゴメスが助っ人外国人としては“異例”ともいえる早出特守。「第1クールから動きがいい。持続してもらいたい」と狙いを明かす。


▽10時 選手はウォーミングアップ開始。スタンドの園児からの「金本監督、がんばれー」のかわいい声援に帽子をとり手を振る。

▽11時 現役時代から愛用するサングラスメーカーのバンを訪れる。

▽11時30分 フリー打撃では16日の練習試合で本塁打をマークした陽川を直接指導。さらなるレベルアップへの手助け。シート打撃ではいくつかのサインプレーを確認。「他球団のスコアラーも来ている。こういうのもやるんだと思わせておけば効果がある」と“かく乱作戦”も明かす。

▽12時 ブルペンへ移動。先発ローテ入りを確定させている能見、岩田らをチェック。その後、メイングラウンドに戻り身ぶりを交えゴメスを連日の直接指導。「のみ込みが早い。パッとフリーに出る。(05年40本の)僕を超えて欲しい」と41本塁打を指令。「日本のご飯がおいしくて」と119キロで来日したゴメスが120キロ超になったことに苦笑いし「本人は10キロぐらい減らすと言っている」と約束したことを明かす。「減ってパワーが落ちたら5キロぐらい増やせばいい」。

▽14時 特打を行う北條を約1時間の密着指導。

▽15時 特打終了。その後、インタビュー取材などを受ける。

■同3日目(18日)
▽9時 球場に到着。メイングラウンドで2日連続、早出特守を行うゴメスに笑顔でヤジを飛ばし奮起を促す。

▽11時 高知・安芸の2軍キャンプで臨時コーチも務めたOB・江夏氏のテレビインタビューを受ける。

▽12時 福留、ゴメスのランチフリー打撃を見守る。福留の打撃練習終了後「彼のいい時は(肩が)ほぼ平行に回る。左肩がグッと落ちていたので言っておいたほうがいいと思った」と身ぶりを交えアドバイス。

▽13時 連日指導している北條、横田ら若虎のフリー打撃をチェック。

▽14時 ベースランニングのリレーで必死に走りヘトヘトになった選手たちを見ながら笑顔。「同じベースランニングでも競争にすればみんな超全力で走るので、疲れ方も違うと思うし、鍛えるという意味ではああいう競争方式にした方がみんな鍛えられる。見ててしんどうそうだとは思いますけど」とニヤリ。

▽14時30分 鳥谷が特打開始し密着指導を開始。「北條にもやらしてるんですけど逆方向にスライスしない打球。(鳥谷は)すごい練習する選手なのでヒントになればいいと思って、逆方向に強くという意味の練習」と狙いを明かす。


▽15時 自らが打席に立ち20スイングし鳥谷に手本を示す。実戦してみせるのは今キャンプ初。「イメージね。当たらんね。逆方向にサードライナー打つつもりだったけど、うまくいかんね。恥ずかしかったけど」と照れ笑い。

▽16時 囲み取材。岩貞がテレビの取材で訪れた江夏氏に質問したことを問われ「いいんじゃないですか。せっかく来てるんだから、どんどん質問して利用しないと」と目を細める。

20日は楽天との練習試合(宜野座)。21日はヤクルトとのオープン戦(浦添)と第5クールは序盤が実戦。主力が出場するまでの期間は若手にとって、今後のオープン戦で1軍に帯同するためのアピールの時期でもある。若虎たちの生き残りをかけた戦いに注目だ。