試合情報

レクタングルバナー

先乗り情報局

TOP > 試合情報 > 先乗り情報局

中日ドラゴンズ

8.25(TUE)26(WED)27(THU)

阪神甲子園球場

8月6日以来19日ぶりの甲子園で3位・中日を迎え撃つ。チームは現在借金3の4位と本調子ではないが、聖地では今季11勝6敗2分け。長期ロードは8年ぶりに負け越しとなったが、得意の本拠地で上位進出に向けて足がかりを作りたいところだ。

今季甲子園でチーム最多の4本塁打を放っているのが4番・サンズ、5番・大山。主軸コンビは右打者有利の浜風が吹くホームアドバンテージを存分に生かしている。さらにサンズは火曜日にめっぽう強く、曜日別最高の打率5割7分1厘、3本塁打、11打点。本人は「(理由は)分からないけど、休み明けということが多いので、いい結果が出ているのかな」と首をかしげるが、25日の初戦は特に期待が持てるだろう。“中日キラー”なのは福留。古巣との対戦は今季5試合の出場で打率4割1分7厘と打ち込んでいる。先発出場はもちろん、勝負どころでの代打としても脅威となる。3連勝中と勢いに乗る中日の先発予想は小笠原、福谷、柳。手ごわい投手が続くが、打ち崩せない相手ではない。

阪神の先発は25日から髙橋、ガルシア、青柳の予定。先陣を切る髙橋は今季初の中6日でマウンドに上がる。左肩のコンディション不良のため開幕から出遅れていた左腕だが「中6日でも投げられる調整はしてきたので問題ないです。いつも通り投げられると思います」と力強い。「(中日打線は)クリーンアップが得点圏に強いイメージがあるので、その前の打者をしっかり抑えることに集中したいです」と力を込めた。

第2戦はガルシア。直近3試合連続で初回に失点している左腕は「やはり初回はすごく大事だと思うから、初回から最終回のつもりで全力で投げたい」と古巣相手に快投を目指す。第3戦の青柳は今季中日戦3試合に登板し、2勝1敗、防御率1.89。3試合全てで6回以上自責点3以下のクオリティースタートを達成しており、相性は抜群だが「メンバーも変わっていますし、勢いもあると思うので、前回までのイメージはあまり考えないで試合に臨みたいと思います」。チームは今月に入り、一度も3連勝できていない。逆転優勝のためにも、甲子園の声援を受けて7月の勢いを取り戻したい。

スケジュール

8/25 8/26 8/27
甲子園
神-中
18:00開始
甲子園
神-中
18:00開始
甲子園
神-中
18:00開始