エンタメ

コラム・ブログ

TOP > エンタメ > コラム・ブログ > 虎魂

虎魂

16年目、秘めたる思い<前編>

プロ、16年目。ルーキー時代から変わらぬスラッとした体型と凛々しい表情からは年齢をあまり感じさせない男も、今年で38歳になろうとしている。チームの野手では、最年長の福留孝介に次いで、糸井嘉男とともに2番目の年長者だ。

「チームが優勝するためにはなにが必要なのかということを毎日考えながら、やっています」

できることを、淡々と。個人的な目標を口にしがちな開幕前も、“個”ではなく、“チーム”。昨年最下位という悔しさを味わったチームの中で、背番号1もまた、リベンジに向け、準備を進めている。

今年はひとつの決断をした。ショートへの再チャレンジだ。その意図を、本人はこう話す。

「一番自分が慣れ親しんできたというか、守ってきたポジションなので、動きやすさなどいろんな部分で、自分にプラスの部分があると思ったので、そこで勝負したいという気持ちです。」

自分にプラスになる部分がある―。客観的に見て苦しんだ昨年のシーズンから、再び上昇曲線を描くために選んだ道だ。「最終的にどうなるかではなく、自分ができることを毎日、ベストを尽くしてやる」と、ポジション争いに固執することはない。自分がよくなるために、選んだ道。原点回帰で新たなシーズンに挑む。

前述の通り、今年で38歳。あまり考えたくはないが、背番号1がグラウンドに立ち続ける姿を見られるのは永遠ではない。本人も、例年と変わらない調整を続ける中でも、意識しているものはあるという。

「身体のことだけを言ったら、全然動けていますし、いつまでもできそうだなって思っていますけど、ただ―」

続ける。

「40歳、50歳までできるスポーツではないですから。だから、いつ終わるかわからないというのは意識してやっています。」

ともにしたプレイヤーの多くは、すでにこの世界を去ったり、指導者の道を歩み始めたりしている。年々迫り来る“そのとき”を、意識しないことはない。考えたくはないが、それもまた現実だ。だからこそ、冒頭で口にした「チームが優勝するためになにが必要か」という発言は重い。

16年目、秘めたる思いショートver<前編>終了。

有料公式サイトでは本コラムのロングverを閲覧できるだけでなく、鳥谷敬選手の直筆サインボールをプレゼント中です!

阪神タイガース公式スマホ・携帯サイト