試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

巨人を3タテ、才木の好投で4連勝

好調なチーム状態を象徴するように流れるような攻撃で先制点を奪った。

初回、中野とロハス・ジュニアの安打で1死1、3塁とすると佐藤輝の放った打球がレフト線に落ちる。

「追い込まれていたので、なんとか食らいついていく気持ちでした。いい所に落ちてくれましたし、まずは先制することができてよかったです」

この適時打に続いて糸原の犠牲フライで加点。初回に2点を先制した。

4回には2死1、2塁から島田が内角に食い込んでくる難しいスライダーをセンター前に運ぶ。

「1打席目、2打席目としっかり仕事ができていなかったので、どんな形でもチームに貢献したいという気持ちだけでした。追い込まれてからの変化球をうまく打つことができたと思います」

高度な技術に強い気持ちを乗せて追加点を叩き出した。

島田は6回1死1塁からも2塁打を放ちチャンス拡大。2、3塁となり巨人内野陣は前進していたがセカンドゴロで3走の中野は送球より早く4点目のホームへ滑り込んだ。

先制、中押しと援護を受けた先発の才木も持ち味を発揮。ストレートに力があり、フォークにはキレがある。6回まで3安打無失点、7回に一発を浴びイニング途中でマウンドを降りたが先発として十分過ぎる働きで試合を作った。

「西(勇)さんと藤浪さんと良いピッチングをしていて、藤浪さんから『お前も続けよ』と発破をかけられていたので抑えられて良かったです。3回から自分のリズムで投げられたので良かったかなと思います。次は自分が藤浪さんに発破かけられるよう頑張ります」

3点リードの8回には1死満塁から大山の2点適時打でダメを押す。大山はこれが4安打目、新型コロナウイルス感染の回復からぶっつけ本番に近い1軍合流だったが頼もしい限りだ。8回は湯浅、9回は岩崎の盤石リレーで逃げ切りに成功した。

巨人に3タテを食らわせ、チームは4連勝。矢野監督は「8連敗という苦しい時がありましたけどチーム全体で諦めず、この4連勝を続けてくれたのはこれからの戦いにも大きいと思いますし、これからも諦めない野球を見せていきたいと思います」。火曜日から近本も復帰予定となればこの連勝はまだ伸びるはずだ。