ニュース

球団ニュース

TOP > ニュース > 球団ニュース

その他ニュース

ニュース一覧

原口選手医療ケア施設へ寄付
2021年12月25日 更新

原口文仁選手が、今年も神戸市内の小児がんをはじめとする医療ケア施設「チャイルド・ケモ・ハウス」に対して、今季の安打数・打点数に応じた金額13万円(安打数:10本、打点数:3打点×各1万円)の寄付を実施いたしましたのでお知らせいたします。

寄付先

「チャイルド・ケモ・ハウス」(神戸市中央区)
…小児がんをはじめとした医療的ケアが必要な子ども・若年成人とご家族のための施設で、原口選手は2019年オフにも同施設を訪問し、チャリティーグッズの収益に自身の寄付を加えた計100万円を贈呈しており、2020年5月にはオンラインで行われた同施設のチャリティイベント「チャイケモウォーク2020」内でメッセージを送るなど、同施設との交流を行っております。レギュラーシーズンの安打数・打点数に応じた同施設への寄付は昨季より実施しており、今季で2年目となります。(2020年は39万円)

寄付金額

13万円
※2020年シーズン開幕前に設定していた安打数・打点数×各1万円の金額

原口選手コメント

今年も寄付をすることができて良かったです。コロナ禍で、病気と闘う子どもたちやご家族の方々は、細心の注意を払って過ごす大変な日々が続いていると思いますし、この活動が少しでもそうしたみなさんのサポートに繋がるのであれば嬉しいです。今年もコロナ禍で子どもたちとの対面は叶いませんでしたが、来年以降、チャイルド・ケモ・ハウスのみんなと元気な姿で会えることを楽しみに、来季は結果を残し、寄付を続けられるように頑張ります。