コラム・ブログ

TOP > エンタメ > コラム・ブログ > 各界からエール「ガォー!応援隊!!」

各界からエール「ガォー!応援隊!!」

11月 第2回
山中慎介さん (全4回)

芸能界をはじめ各界で活躍するタイガースファンに、愛するタイガースへの熱い想いを語っていただく各界からエール「ガオー!応援隊!!」。今月は、第65代日本バンタム級王者。第29代WBC世界バンタム級王者で今年9月に11度目の防衛に成功したプロボクサー・山中慎介さんにご登場いただきます。試合前日でも阪神戦のテレビ観戦は欠かさないという山中さん。今回はその第2回目をお届けします。

Q:タイガースの熱狂的なファンの方々を、どういうふうに思われますか?

山中: もともと僕は関西育ちなんで慣れていたっていうか、初めて甲子園に行った時も違和感はなかったですね。僕は高校を卒業してから東京に来たんですけど、東京の野球ファンにしてみれば、阪神ファンは熱狂的すぎてヤバイとか怖いと感じるみたいなんです。関西にいれば全然普通なんですけど、関西以外の人たちから見るとちょっと異質なんでしょうね。でも僕は阪神ファンには愛が溢れていると思います。

Q:声援もすごいですよね?

山中: ボクシングもテレビ中継とかを見ていると結構ヤジが多いじゃないですか。でもリングに上っていると試合中のヤジってあんまし聞こえないんですよ。でも野球ってプレーしている選手の耳にヤジって聞こえてくるんですよね。聞こえてるから、結構反応している選手がいらっしゃるじゃないですか。赤星(憲広)さんとか、元巨人の駒田(徳広)さんとか、観客と言い合っていましたよね。あれはあれで面白いんですけど、嫌なことばかりいわれると、聞こえてしまうがための辛さもありますよね。

Q:プロボクサーにとって、ファンの方々ってどのような存在ですか?

山中: 同じプロスポーツですけど、プロ野球のファンとは違う雰囲気がありますね。会場ではファンの声援によって気持ちが完全に上がるんです。力をもらってますね。多くのファンが花道でボクサーを気持ちよく迎えてくれるし、リング上でも僕のパンチが当たれば湧いてくれます。もちろんホームの特権っていうのはあるんですけどね。 僕はプロボクサーになって最初の頃は自分のためだけにやってきましたけど、それが家族のために、やがては家族とファンのためにっていう思いが強くなりました。今は、家族を喜ばせたい、ファンに喜んでもらいたいっていう気持ちでリングに上がるんですけど、試合が終わると逆にファンの皆さんが、僕のファイトが力になった、元気をもらったって言ってくれます。そんな関係が築けていることがうれしいですね。

Q:同じアスリートとして、やはりファンはすごく大切な存在というわけですね?

山中: そうですね、でも阪神は本当にあれだけ大勢のファンがいるから、たとえ成績が振るわない時でも声援が力をくれると思います。熱いファンの声援が甲子園球場の雰囲気を作ってくれていますからね。だから、スポーツっていうのは、ファンあってのもんやと思いますね。

ファンの声援は、必ず選手みんなの力になっている。それはどんなスポーツも同じなんですね。来年、私たちも今年以上に大きな声援を送りましょう! そしてみんなで盛り上がっていきたいですね。

第3回の更新は11月21日(月)。お楽しみに!

バックナンバー