ニュース

球団ニュース

TOP > ニュース > 球団ニュース

チームニュース

ニュース一覧

ジェフ・ウィリアムス選手の現役引退について
11年02月14日 更新

元阪神タイガースのジェフ・ウィリアムス選手(38)が現役を引退することが決まりましたのでお知らせいたします。

ウィリアムス選手のコメント
「復帰を目指してずっとリハビリをしていましたが、左肩の故障が再発したので、現役を続行する事は不可能と判断し、引退を決めました。タイガースから現役引退を発表したのは、自分が最も愛着のある、そしてお世話になった球団だからそうしたかったのです。タイガースでの思い出は、03年と05年のリーグ優勝です。特に05年は、球児や久保田と共に「JFK」と呼ばれたシーズンで、自分の中でリリーフとしてのスタイルを確立できたこともあり、とても印象深い優勝でした。また、甲子園球場で投げるときのタイガースファンの素晴らしい声援、あのサポートは日本を離れた今でも心に残っています。今後について現時点では何も決まっていませんが、自分としてはタイガースの一員としてタイガースのお役に立てればと思っています。ファンの皆さん、本当にありがとうございました。」
各選手のコメント~ウィリアムス選手引退について~

金本選手:ビックリです。つい先日、また一緒にプレーしようとメッセージを送ったばっかりだったのに。残念です。

藤川選手:もう1度投げるところを観たかったです。心からお疲れ様でしたと伝えたい。怪我で退団してからも、努力し続けていたということは聞いていました。そういう先輩がいたということは絶対に忘れないし、僕の財産です。ただ、やっぱり残念というのが本音です。

久保田選手:一緒にプレーできて本当に幸せだったし、良かったと思う。これから先、何をするにしてもジェフなら、どんな場でも活躍できると思うので、頑張って欲しい。

鳥谷選手:05年の優勝はジェフ抜きには間違いなく出来なかったし、1番近くで見ていたマウンド上のジェフの後ろ姿は、本当に頼もしかったと鮮明に覚えています。本当にお疲れ様でした。新たな形での活躍を期待しています。

ウィリアムス選手プロフィール
生年月日1972.6.6
出身地オーストラリア
投打左投右打
身長/体重183cm/89kg
球歴サウスイースタン・ルイジアナ大-ドジャース(1999~2002年)-阪神(2003~2009年)
初登板2003.3.29 対横浜2回戦(横浜)<7回 中継ぎ>
初勝利2003.7.20 対広島17回戦(甲子園)<完了>
初敗北2003.6.1 対巨人12回戦(東京ドーム)<完了>
初セーブ2003.3.30 対横浜3回戦(横浜)
初ホールドポイント2005.4.6 対広島2回戦(広島)<ホールド>
初奪三振2003.3.29 対横浜2回戦(横浜)<7回 打者:佐伯>
日本シリーズ出場2回 2003年、2005年
オリンピック出場(オーストラリア代表)1996年(アトランタ)、2004年(アテネ)<銀メダル>
WBC(オーストラリア代表)2006年(代表に内定するも、手術後のため辞退)
年度別成績
年度所属試合セーブ防御率
NPB計:7年 3711617472.20
MLB計:4年 371007.49
2003阪神5211251.54
20045124143.28
2005753302.11
2006473231.90
2007601200.96
2008555453.09
2009311103.58
日本シリーズ成績
年度所属試合セーブ防御率
計2年 41010.00
2003阪神31010.00
200510000.00

阪神タイガースオフィシャルスポンサー

  • 上新電機株式会社
  • ミズノ株式会社
  • LAWSON
OFFICIAL MEDIA -その他の媒体でも公式サイトをご利用いただけます
球団公式メルマガ
虎テレ
モバイル
  • Facebook
  • twitter
オフィシャルアカウント紹介