試合情報

レクタングルバナー

先乗り情報局

TOP > 試合情報 > 先乗り情報局

横浜DeNAベイスターズ

7.25(TUE)26(WED)27(THU)

阪神甲子園球場

新4番・ロジャースがDeNA投手陣を粉砕する

1ゲーム差で迫る3位・DeNAとの3連戦。甲子園での戦いは、今回の3連戦が終わると、8月29日までない。首位を走る広島を全力で追うためにも、眼下の敵を本拠地でしっかりたたきたいところだ。

DeNAは6月を12勝10敗で勝ち越すと、7月は10勝5敗1分と、勢いを増してきた。ましてや、直前の23日には、6-6の同点で迎えた9回裏に筒香がサヨナラ14号2ランを放つ劇的勝利で巨人を下している。ラミレス監督も「筒香らしさを見せてくれた」と、ここまで今ひとつ波に乗りきれていなかった主砲の復調に手応えをつかんだ様子だ。

6月30日からは筒香が3番に座り、4番・ロペス、5番・宮﨑で結成するクリーンアップは脅威。そして、警戒すべきは、中軸にチャンスをお膳立てする1番・桑原だ。7月は打率4割5分6厘、5本塁打の驚異的な成績を残している。何とか絶好調の切り込み隊長を封じて、打線を分断しなければいけない。

相手先発は、今永、ウィーランド、石田のローテが予想される。今永は今季、阪神戦に3試合先発し、1勝1敗、防御率6.19。抑え込まれたというイメージはないだけに、今回も打ち崩したい。新助っ人右腕のウィーランドとは初顔合わせとなり、石田とも今季は初対決となる。

阪神打線で期待がかかるのは、球団の第100代4番に座る新外国人のロジャースだ。ここまで5試合で打率4割1分2厘、2本塁打、5打点。金本監督も22日のヤクルト戦(神宮)でルーキのストレートをとらえた右前安打を高く評価している。軸のぶれないスイングは変化球にも対応力があり、甲子園初アーチで虎党を沸かしてくれそうだ。

投手陣では、今回の3連戦でプロ9度目の先発となるドラフト2位ルーキーの小野に注目だ。ここまで5連敗で初白星が待たれるが、ここ6試合はすべて5回以上を投げて3失点以下。打線の援護さえあれば、十分に勝ち投手になれる投球内容だった。DeNA戦は5月28日(甲子園)に3回6失点KOされて以来の登板。24日に甲子園で練習を終えた右腕は「少しでも長いイニングを投げたい。試合をつくる先発としての役割をしっかり果たしたい」と力強く語った。2度目の対戦で、リベンジを果たしたい。

スケジュール

7/25 7/26 7/27
甲子園
神-ディ
18:00開始
甲子園
神-ディ
18:00開始
甲子園
神-ディ
18:00開始
メディア情報 放映予定
チケット 空席情報・購入方法
イベント情報 ガラコロ
  ウル虎の夏2017