DreamLink

野球振興

TOP > 社会貢献活動 > 野球振興 > 2015年

2015 野球振興 -DreamLinkプロジェクトの三つの柱の一つ「野球を好きになる」―――2015年度にタイガースが取り組んだ「野球振興」活動をご紹介します。-

  • 2015
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
少年・少女野球チーム招待

本企画は、「DreamLinkプロジェクト」の一環として野球が好きな子どもたちへプロ野球観戦の場を提供することで、さらに野球を好きになってもらいたいという球団の願いを込めて継続的に実施しているものです。
2016年シーズンは年間4,913名、合計169チームの少年・少女野球チーム(全国の中学生以下の少年・少女野球チーム)を招待しました。
プロ野球の観戦という特別な経験をすることで、未来のプロ野球選手を目指すきっかけや、日本のプロ野球を支える大切なファンになってくれればと願っております。また、プロ野球選手によるハイレベルなプレーを間近で観ることで、子供たちの野球技術の向上の一助になれればと考え実施しております。
※球団創設80周年の2015年シーズンより、規模を拡大して実施
(2015年シーズンは年間7,082名、合計230チームを招待)

詳しく見る

実施日 5月1日(日) 対横浜DeNA戦
5月6日(金) 対東京ヤクルト戦
5月17日(火)、19日(木) 対中日戦
5月20日(金)  対広島東洋戦
6月14日(火)~16日(木)  対オリックス戦
6月28日(火)~30日(木)  対横浜DeNA戦
7月8日(金)、10日(日) 対広島東洋戦
8月16日(火)、17日(水)  対広島東洋戦 ※京セラドーム大阪 
8月26日(金)、28日(日) 対東京ヤクルト戦
9月2日(金)、4日(日) 対横浜DeNA戦
9月14日(水) 対広島東洋戦
  ※8月16日、17日京セラドーム大阪主催試合以外はすべて阪神甲子園球場での主催試合
招待席種 3塁アルプス指定席(阪神甲子園球場)
上段内野指定席(京セラドーム大阪)
阪神タイガースOBジュニアベースボールスクール

少年・少女の野球チームを対象に、阪神タイガースOBによる野球教室を近畿地区および近隣県にて開催しました。
本野球教室は、平成13年(2001年)からスタートし、過去16年間で約20,000人の少年・少女が受講しており大変好評を得ています。
【実施要項】
実施日時:4月~12月の間に実施
講師:阪神タイガースOB 2名
参加者:100名程度(小学校4年生から中学校3年生まで)

詳しく見る

開催日 参加OB(※敬称略) 開催地
投手担当 野手担当
5月29日 中田良弘 大熊忠義 兵庫県神戸市北区 神戸市立泉台小学校
10月10日 中田良弘 亀山努 兵庫県尼崎市 尼崎市記念公園 ベイコムスタジアム
11月6日 三東洋 吉田浩 滋賀県野洲市 蓮池の里多目的公園
11月26日 福間納 松下圭太 鳥取県米子市 どらドラパーク 米子市民球場
11月27日 福間納 松下圭太 島根県松江市 東出雲体育館
12月3日 三東洋 岡義朗 岡山県倉敷市 倉敷マスカットスタジアム
12月4日 中谷仁 八木裕 大阪府豊能郡 伊丹ボーイズ専用グラウンド
大阪府池田市 池田市スポーツセンター
12月11日 中田良弘 中谷仁 大阪府守口市 淀川河川公園少年野球場
阪神タイガースカップ 硬式少年野球関西NO.1決定戦


第12回少年野球関西No.1決定戦「タイガースカップ」を阪神甲子園球場で開催しました。本イベントは、球団創立70周年を機に、シニアリーグ、ボーイズリーグ、ヤングリーグの3つのリーグの交流戦としてスタートしたもので、本年度で12年目となります。本イベントの開催が少年達の励みになり、また、リーグの垣根を越えた試合の機会を設けることで、少年野球がますます盛んになることを願い実施しています。
■大会概要
(1)主催
(公財)日本野球連盟、阪神タイガース、読売新聞社、サンケイスポーツ、日刊スポーツ新聞西日本、報知新聞社、読売テレビ放送
(2)主管
(一財)日本リトルシニア中学硬式野球協会 関西連盟(シニアリーグ)
(公財)日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)
(一社)全日本少年硬式野球連盟(ヤングリーグ)
(3)後援
(一社)日本野球機構、毎日放送、朝日放送、関西テレビ放送、テレビ大阪、 サンテレビジョン、西宮市
(4)協力
アシックス、ゼット、エスエスケイ、ミズノ、久保田運動具店
(5)開催日程
第1日目 平成28年11月26日(土) 8:20~:開会式、3試合(阪神甲子園球場)
第2日目 平成28年11月27日(日) 8:00~:3試合(阪神甲子園球場)
第3日目 平成28年12月4日(日) 8:30~:3試合、閉会式(阪神鳴尾浜球場)
(6)参加チーム数
シニアリーグ4チーム、ボーイズリーグ4チーム、ヤングリーグ2チーム
(7)試合形式
近畿2府4県の各リーグ所属の中学2年生以下10チームによるトーナメント

第12回タイガースカップ結果

優勝は【兵庫夢前クラブ】(ヤングリーグ)、準優勝は【堺泉北リトルシニア】(シニアリーグ)でした。
兵庫夢前クラブには、優勝旗・優勝カップ・優勝メダルが、堺泉北リトルシニアには、準優勝盾・準優勝メダルが、北條史也選手より手渡されました。

詳しく見る

NPBジュニアトーナメント 日能研

本年度で12回目の開催を迎える「NPB12球団ジュニアトーナメント supported by 日能研」は、日本野球機構とプロ野球12球団が連携し、「子供たちが“プロ野球への道”という目標をより身近に持てるように」という考えのもとに企画された事業で、本大会の参加チームは、各球団のOB選手が監督に就任し、小学5、6年生を中心に編成されます。本大会は、子供たちが野球に取り組む「目標」の一つとして「日頃の成果」を「特別な舞台」で発揮する機会を提供することで、更なる野球への意識向上を図ることを大きな目的として開催されます。大会を継続的に実施することにより、全国の野球少年たちが交流を深めるとともに、野球というスポーツを通じて喜びや悔しさを経験し、「夢への挑戦」が実現できるような環境をつくり、その拡大を図っていきたいと考えています。当球団では、OBである八木裕氏を監督に、昨年から引き続き、庄田隆弘氏と中谷仁氏をコーチに迎え、関西圏及び四国地方のチームの子供たちの中から選手を選抜、練習を行って大会に臨みました。
大会では初めてグループリーグ突破を果たし、見事準優勝の好成績を収めました。
■大会日程
12月27日(火) 大会1日目 開会式、グループリーグ6試合
12月28日(水) 大会2日目 グループリーグ6試合
12月29日(木) 大会最終日 決勝トーナメント/表彰式
■会場
【大会1日目・2日目(グループリーグ)】
KIRISHIMA サンマリンスタジアム、KIRISHIMA ひむかスタジアム
【大会最終日(決勝トーナメント)】
KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎

詳しく見る

野球教室
ファーム野球教室

5月14日(土)和歌山県上富田町 上富田スポーツセンター

中日と行われたウエスタン・リーグ公式戦後に地元の子供たち約110名を対象に、掛布ファーム監督、コーチ、選手全員による野球教室を行いました。

5月21日(土)兵庫県淡路市 淡路佐野運動公園第一野球場

ソフトバンクと行われたウエスタン・リーグ公式戦後に地元の子供たち約100名を対象に、掛布ファーム監督、コーチ、選手全員による野球教室を行いました。

6月4日(土)新潟県三条市 三条パール金属スタジアム

ソフトバンクと行われたウエスタン・リーグ公式戦後に地元の子供たち約140名を対象に、掛布ファーム監督、コーチ、選手全員による野球教室を行いました。

7月31日(日)香川県丸亀市 四国Cスタ丸亀

広島と行われたウエスタン・リーグ公式戦翌日に地元の子供たち約60名を対象に、掛布ファーム監督、コーチ、選手全員による野球教室を行いました。

8月28日(日)兵庫県姫路市 ウインク球場

広島と行われたウエスタン・リーグ公式戦後に地元の子供たち約60名を対象に、掛布ファーム監督、コーチ、選手全員による野球教室を行いました。

キャンプ地野球教室


野球教室

沖縄・宜野座村ふれあい野球教室及び指導者講習会

2月7日(日)、宜野座村の小中学生約129名を対象に、選手による野球教室を行いました。
2015年に引き続き、コーチ(巡回:高代コーチ、投手部門:香田コーチ・金村コーチ、捕手部門:矢野コーチ、内野手部門:平田コーチ・久慈コーチ、外野手部門:中村コーチ、打撃部門:片岡コーチ・濱中コーチ)による指導者講習会も同時に開催しました。


サイン会

安芸

2月7日(日)春季キャンプ地・安芸において、練習後の安芸球場で、安芸市や室戸市などの少年野球9チー ムで約130名の小学生球児に対し、野球教室を開きました。
また、新人5選手によるサイン会も行いました。(髙山選手・竹安選手・望月選手・青柳選手・板山選手)

選手による野球教室


大阪スポーツ王国事業への参加

12月7日(水)、髙橋聡文選手、梅野隆太郎選手が「大阪スポーツ王国」の行う「トップアスリート小学校ふれあい事業」で大阪市立大和田小学校を訪問しました。
生徒の皆さんの歓迎を受けながら登場した選手達は、グラウンドでキャッチボールをしたり、ピッチングやバッティングの実技指導を行ったり、質問コーナーなどでふれあいました。
※「大阪スポーツ王国」事業とは在阪のトップスポーツチームが、より多くの人々にスポーツに触れる機会を提供する事により、健康で明るく活力に満ちた大阪の再生を進めようと、大阪府が進めている事業です。阪神タイガースの選手が参加するのは今回で9年連続、9度目となります。


歳内選手と守屋選手が NPB東日本大震災復興支援事業「ベースボールフェスタin福島」に参加

12月10日(土)、福島県いわき市内で開催された 2016年NPB東日本大震災復興支援事業「ベースボールフェスタin福島」 ~プロ野球選手と遊ぼう~に歳内宏明選手と守屋功輝選手が参加しました。
歳内選手と守屋選手は他球団から参加した選手らとともに、県内の小学生約300人とリレーや綱引きなどのゲームで交流しました。
本イベントは、NPB東日本大震災復興支援事業として、放射能による影響で屋外活動を自粛する傾向にあった福島県の小学生たちが、プロ野球選手と共に、誰でもできる遊びで体を動かし、運動を楽しむ機会を子供たちに提供することを目的として2014年から始まり、今回で3回目の開催となります。

詳しく見る


日本プロ野球選手会、日本プロサッカー選手会合同の熊本復興支援イベント「被災地訪問野球教室」に参加

12月27日(火)、岩貞祐太選手が日本プロ野球選手会・日本プロサッカー選手会合同の熊本復興支援イベント「被災地訪問野球教室」に参加し、今年4月の熊本地震で甚大な被害を受けた地域の野球チームの子ども達と交流しました。

詳しく見る


高校野球部OB会主催の「熊本地震復興プロジェクト 野球教室」に参加

12月28日(水)、岩貞祐太選手が、熊本県民総合運動公園で行われた必由館高校野球部OB会主催「熊本地震復興プロジェクト 野球教室」に参加しました。

詳しく見る