社会貢献活動

社会貢献

TOP > 社会貢献活動 > 社会貢献 > 2015年

2016 社会貢献 -DreamLinkプロジェクトの三つの柱の一つ「社会の役に立つ」―――2015年度にタイガースが取り組んだ「社会貢献」活動をご紹介します。-

     
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
トラッキー・ラッキー・キー太、Tigers Girlsの幼稚園訪問

地域の皆さまとのコミュニケーションを大切にし、また、子どもたちの健全な育成を願いマスコット「トラッキー・ラッキー・キー太」とTigers Girlsが近隣の幼稚園・保育所を訪れ、一緒にダンスを踊るなど、楽しみながら子どもたちとふれあっています。 2003年~2016年の過去14年間で、422園・約63,500名の子供たちとの楽しい時間を共有しました。

対象 3~5歳の園児
実施場所 幼稚園・保育所の園庭(グラウンド)および講堂
内容 (1) ごあいさつ
(2) ダンス「Let's Go!トラッキー」
(3) ボール遊び他 
(4) 記念撮影
(5) 記念品進呈
(6) ハイタッチでのエンディング

詳しく見る

ドリームリンクスクール

本拠地である阪神甲子園球場がある兵庫県西宮市の小学校をキー太とTigers Girlsが訪問し、野球を題材に「西宮」を楽しく学ぶこと、また、タイガースの選手からの動画メッセージで夢を持つことの大切さを伝えることを目的に、特別授業を実施しています。2014年~2016年の過去3年間で、17校・約1,900名余りの小学生と交流しました。
※2015年度実績 6校 561名

対象 西宮市内の公立小学校2~3年生児童
実施時間 各学校授業時間(45分間)
実施場所 各学校諸室

第1回目:7月13日 用海小学校
第2回目:11月1日 上甲子園小学校
第3回目:11月4日 大社小学校
第4回目:11月25日 北夙川小学校
第5回目:12月5日 深津小学校
第6回目:12月21日 春風小学校

詳しく見る

トラッキー・ラッキー・キー太のコミュニティ活動への参加

球団マスコットの「トラッキー」、「ラッキー」、「キー太」が様々なコミュニティ活動に参加しました。

日程 イベント名
1月4日(月) 甲子園詣
1月23日(土) 年間予約席 現地見学会
1月28日(木) 近畿大学医学部附属病院 施設訪問
2月1日(月)~28日(日) 沖縄キャンプ
2月12日(金) TORACO記者会見
3月2日(水) 新リリーフカー お披露目
3月10日(木) イオン 除幕式
3月14日(月) セ・リーグ ファンミーティング
3月16日(水) 2016飲食 イニング間乾杯イベント 撮影
5月21日(土) スカイマーク 就航イベント
6月9日(木) 阪神百貨店 夏のクリアランスセール ポスター撮影
8月29日(月) HANSHIN 健康メッセ
9月2日(金) JCBファンフェスタ 撮影会
9月3日(土)
11月12日(土) 共に生きる障がい者展
大阪口腔インプラント研究会イベント
11月19日(土) ファン感謝デー
11月30日(水) 新春サンテレビゴルフ撮影
12月10日(土) NPB東日本大震災復興支援事業ベースボールフェスタ
12月16日(金) グッズ撮影
12月23日(金・祝) FCクリスマスパーティー in東京
12月25日(日) FCクリスマスパーティー in大阪
西宮市民特別優待販売「西宮市民デー」

 “西宮市民デー”として、地元西宮市民の皆様を下記6試合を対象に3塁アルプス指定席とレフト外野指定席を、特別価格(500円 税込 <おとな/こども共通> )でご優待しました。
市民の皆様から21,307件ものご応募をいただきました。
※2015年度応募数 20,927件

【ご優待対象試合日】
・4月12日(火)、13日(水)、14日(木) 横浜DeNA戦
・4月19日(火)、20日(水) 東京ヤクルト戦
・4月29日(金・祝) 横浜DeNA戦

球団・監督・選手による啓蒙活動、地域交流
金本監督へ「特殊詐欺撲滅キャンペーン」ポスターへの協力に対する 感謝状贈呈

4月6日(水)、兵庫県警察本部から金本知憲監督へ、昨年12月24日 (木)より行われた「特殊詐欺撲滅キャンペーン」の啓発ポスターへ肖像使用協力をしたことによる感謝状が贈呈されました。

詳しく見る

甲子園警察署の一日警察署長に

11月29日(火)、岩崎優選手が西宮市甲子園警察署の「年末特別警戒発隊式」にあたり、一日警察署長を務めました。
一日警察署長の委嘱状を交付された岩崎選手は「年末特別警戒発隊式」に参加し、通常点検や車両点検を見守り、「これから慌ただしい年末を迎え、事件や事故が多くなると思われますが、私を含め西宮市民が平穏に年末を過ごし、明るい新年が迎えられますよう皆さんには一層、頑張っていただきたい。」と警察官の皆さんに訓示しました。
また、終了後、阪神甲子園駅前にて交通安全、防犯キャンペーンに参加しました。

詳しく見る

「人権週間街頭啓発キャンペーン」一日人権擁護委員に

12月6日(火)、板山祐太郎選手が兵庫県尼崎市の「人権週間街頭啓発キャンペーン」に参加し、一日人権擁護委員を務めました。
委嘱式で一日人権擁護委員を任命され、阪神尼崎駅前を中心に街頭で啓発活動を行いました。

詳しく見る

阪神鳴尾浜球場に「暴力団追放運動支援自販機」設置

12月13日(火)、阪神鳴尾浜球場にて「暴力団追放運動支援自販機」の設置式を行い、暴力団追放兵庫県民センターの不当要求断固拒否ポスターにも協力している大和選手が除幕と第1号の購買を行いました。
この暴力団追放運動支援自販機は、売り上げの一部が(公財)暴力団追放兵庫県民センターへ寄付されセンターの活動に役立てられます。

詳しく見る

日本サッカー協会・日本プロ野球選手会 JFAこころのプロジェクト「夢の教室」へ参加

12月14日(水)、JFAこころのプロジェクト「夢の教室」の一環として、原口文仁選手が土佐市立高岡第一小学校を訪問し、夢先生として教壇に立ちました。
体育館でゲームをして児童たちとふれあい、教室では「夢を持つ大切さ」について話しました。
※JFAこころのプロジェクト「夢の教室」
日本サッカー協会が子供たちに「夢を持つことの大切さ」や「失敗や挫折に負けない心の強さ」を伝えるために行っていたJFAこころのプロジェクト「夢の教室」と、日本プロ野球選手会が2015年より連携。現役のプロ野球選手が夢先生として教壇に立つことが実現しました。
※昨年は藤浪晋太郎選手

詳しく見る

WWF「消えゆくネコ科動物を守ろう」のPR協力

WWF(World Wide Fund for Nature:世界自然保護基金)が取り組む「消えゆくネコ科動物を守ろう」のPR協力として、年間通して公式サイトトップページにバナーを掲出しています。

阪神甲子園球場の地域交流活動

■阪神甲子園球場での主催試合時にメインビジョンにて各官庁関係の告知アナウンスを実施しました。

■阪神甲子園球場コンコースに「支援自販機」「応援自販機」を設置

  • 西宮市「まちづくり支援自販機」を3塁アルプスコンコース内に設置し(2009年より継続して設置)
    自動販売機の設置によって、生じた取扱手数料をまちづくり支援のために西宮市に寄付しました。
    ※「まちづくり支援自販機」
    自販機の設置提案に賛同した企業が、本来飲料メーカーより自販機の設置企業に支払うべき手数料を市に寄付金として納入するものです。

  • 2015年6月より1塁アルプスコンコース内に39(サンキュー)矢野基金「応援自販機」を設置しており、本年もこの自販機の売上の一部を筋ジストロフィー患者・児童養護施設の子どもたちへの応援基金として「39(サンキュー)矢野基金」へ寄付しました。
    ※39(サンキュー)矢野基金「応援自販機」
    OBで2016年より一軍作戦兼バッテリーコーチの矢野燿大氏が、大阪府内にいる筋ジストロフィー 電動車いす等の支援並びに大阪府内に37ある児童養護施設で暮らす子ども達への支援 (児童養護施設への文房具提供・野球大会への用具提供・実施支援など)を目的に設立した「39(サンキュー)矢野基金」のプロジェクトの一環で、自販機の売上の一部が筋ジストロフィー患者・児童養護施設の子どもたちへの応援基金として「39(サンキュー)矢野基金」へ寄付されるものです。

■西宮市内の小学生・中学生を対象に「阪神甲子園歴史館」入館料を割引き

  • 西宮市教育委員会とともに、西宮市の小学生・中学生を対象に阪神甲子園歴史館で学んでいただくことを目的に入館料を100円(通常300円)にする取組みを行っています。(2013年度より取組みを開始)
    2016年は、約284名(10/25日現在)に利用いただきました。
    ※2013年~2015年度までの利用実績 約6,300名
チャリティー活動
ウル虎の夏2016 選手着用ユニフォームチャリティーオークション

金本監督をはじめ、一軍コーチ及び期間中に一軍登録された選手が着用した直筆サイン入りユニフォーム50着を上下セット(一部を除く)で出品しました。

主催 阪神タイガース選手会 / 株式会社阪神タイガース
入札方法 <インターネット>阪神タイガース公式サイト専用ページより入札
入札期間 8月2日(火)~8月14日(日)
寄付先 オークションの落札額合計から、諸経費(サイト運営費や発送費用等の事務局費)を除き、日本赤十字社兵庫県支部を通じて、国内外の災害救済活動の活動資金にお役立ていただきます。
寄付金 7,061,979円
甲子園球場での練習前に半旗・黙とうの実施

東日本大震災発生より丸5年となった3月11日(金)、甲子園球場での練習前に、フロント、監督、コーチ、選手、スタッフが黙とうを捧げ、震災によって亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしました。

詳しく見る

選手会による熊本地震災害義援金募金活動を実施

4月16日(土)、17日(日)、阪神タイガース選手会は中日ドラゴンズ選手会とともに試合前のナゴヤドームにて、4月14日(木)に発生した熊本地震で被災された方々への支援のための募金活動を実施しました。
義援金募金協力の呼びかけに参加した選手は、能見篤史選手、髙橋聡文選手、藤浪晋太郎選手、ランデ ィ・メッセンジャー選手、榎田大樹選手、岩貞祐太選手の6選手。
4月15日(金)~17日(日)に実施しました両選手会、両球団職員、ナゴヤドーム職員による熊本地震災害への募金活動での募金額は、合計2,399,335円でした。(両選手会は16日、17日の2日間)
義援金は、全額を中日新聞社会事業団に寄託させていただき、被災地へ届けて頂きました。

阪神甲子園球場での募金活動について

4月19日(火)、阪神甲子園球場での対東京ヤクルトスワローズ戦の試合前に、阪神タイガース選手会および阪神タイガースOB会による熊本地震で被害に遭われた方々への支援のための義援金募金活動を実施いたしました。
選手会からは、藤川球児選手、能見篤史選手、岩貞祐太選手の3名が参加
OB会からは、川藤OB会長、岡氏、和田氏、湯舟氏の4名が参加
募金には1,500名の方にご参加いただき、募金金額が合計930,856円となりました。 上記募金金額と併せて、阪神タイガース選手会から100万円、阪神タイガースから100万円の合計2,930,856円を義援金として、日本赤十字社へ寄付いたしました。

詳しく見る

ウエスタン・リーグ公式戦開催試合(甲子園)での募金活動

5月3日(火祝)、4日(水祝)、5日(木祝)に阪神甲子園球場で開催したウエスタン・リーグ公式戦対広島東洋カープ戦の試合前に、熊本地震で被害に遭われた方々への支援のための義援金募金活動を実施しました。
募金には約2,300名の方にご協力いただき、3日間での募金金額が合計1,120,790円となりました。
この3日間の募金金額を義援金として、日本赤十字社へ寄付させていただきました。

詳しく見る

「日本プロ野球選手会×日本プロサッカー選手会」が熊本地震チャリティーオークション開催

5月30日(月)より、日本プロ野球選手会(会長 嶋 基宏)、日本プロサッカー選手会(会長 佐藤 寿人)が共同プロジェクトを立ち上げ、熊本地震復興支援活動としてチャリティーオークションを開催しました。
5月30日(月)~6月5日(日)の第一弾では、阪神タイガースから、上本博紀選手、大和選手、今成亮太選手、原口文仁選手のグッズが出品されました。
開催期間:5月30日(月)~7月24日(日)の期間中、8回に渡り実施
なお、チャリティーオークションの売上は、日本プロサッカー選手会(J100 年基金)を通じて熊本県内の自治体へ送られ、被災者の援助や復興支援の資金などとして使われるほか、被災された地域や避難された子どもたちが、これまで通り、スポーツを楽しむことができる活動資金に使われます。

NPBマツダオールスターゲーム2016チャリティーオークション

マツダオールスターゲーム2016に出場した監督、コーチ、選手、審判員が着用したユニフォームに、直筆サインを入れてインターネットチャリティーオークションを開催いたしました。全68点のうち、当球団からは金本監督・岩貞選手・藤浪選手・原口選手・髙山選手のユニフォームを出品しました。
売上金は、東日本大震災と熊本地震で被災された方々へ全額が寄付されました。

選手施設訪問・交流会

選手らが、福祉施設や病院などを訪問し、こどもたちや利用者のみなさんと交流を深める活動

鳥谷敬選手

2月6日(土)、今年で8回目となる沖縄南風原町の沖縄県立南部医療センター・こども医療センターを訪問し、小児病棟での交流会に参加しました。病気と闘う子供達が「元気になって、甲子園に、応援に来て頂けたらなと思います」と話し、病室から出ることができない子どもの部屋をまわって、サインをプレゼントし、闘病中のこどもたちを勇気づけました。

北條史也選手が大阪府立母子保健総合医療センターを訪問

12月9日(金) 、北條史也選手が、大阪府立母子保健総合医療センター(大阪府和泉市)を訪問しました。
北條選手は、病棟を回りプレゼントを手渡したり、クリスマス会に参加し、ストラックアウトや○×ゲームなどをして子供たちとふれあいました。
最後に子供たちへ「夢を持つことは大事」とメッセージを送りました。

詳しく見る

江越大賀選手、秋山拓巳選手、松田遼馬選手の3名が西宮市立西宮養護学校を訪問

12月15日(木) 、江越大賀選手、秋山拓巳選手、松田遼馬選手の3名が、西宮市立西宮養護学校(兵庫県西宮市)を訪問しました。選手たちは、質問コーナーやダンス、最後に、六甲おろしを歌ってジェット風船を飛ばすなどして生徒の皆さんと共に楽しい時間を過ごしました。 

詳しく見る

守屋功輝選手、植田海選手が伊丹市社会福祉協議会のクリスマス会に参加

12月17日(土)、守屋功輝選手、植田海選手が伊丹市社会福祉協議会のクリスマス会に参加しました。
会場は、選手たちのトークショーやジャンケン大会、サイン会などで大いに盛り上がりました。

詳しく見る

小豆畑眞也選手と荒木郁也選手が施設訪問

12月19日(月)、小豆畑眞也選手と荒木郁也選手が泉大津市の『社会福祉法人穴師福祉会ワークショップかりん』を訪問しました。
選手達は、質問コーナーや糸引き対決、お絵かき対決などのゲームで施設利用者の皆さんとふれあいました。

詳しく見る

選手による寄付・寄贈
能見篤史選手が子供たちへのおもちゃを寄贈

12月13日(火)、能見篤史選手が西宮市の保育所を訪問し、子どもたちへの玩具「オリジナルストラックアウト」の寄贈式を行いました。
2014年シーズンより1勝に付き10万円分の玩具を西宮市と出身地の豊岡市の幼稚園などに寄贈する活動を行っています。
活動3年目の2016年シーズンは8勝を挙げ「80万円相当のオリジナルストラックアウト」を西宮市の45施設、豊岡市の21施設に寄贈しました。

2014年/オリジナル野球盤、テディベア、ハローキティのぬいぐるみの寄贈
2015年/カラーボール(やわらかボール)の寄贈
2016年/オリジナルストラックアウトの寄贈

詳しく見る

「Ring of Red~赤星憲広の輪を広げる基金~」募金箱設置

阪神タイガース及び阪神タイガース選手会は、赤星憲広氏(阪神タイガースOB)が取り組む社会貢献活動に賛同し、下記のとおり、「Ring of Red~赤星憲広の輪を広げる基金~」の募金箱を設置しています。
赤星憲広氏は現役時代、盗塁数と同数の車いすを贈るチャリティー活動に取り組まれていました。
2003年の開始以来、現役引退の2009年まで通算301台を施設などに贈られました。
現役引退後も引き続きこの活動に取り組み、一台でも多くの車いすを寄贈できるよう、また野球底辺拡大も目指し、少年野球普及活動にも取り組む決意をされ、設立された基金です。

■募金箱の設置について
設置場所 阪神甲子園駅前 タイガースチームショップ アルプス
球場スタジアムショップ(16号ショップ)
阪神甲子園球場 タイガースショップ(プロ野球開催時のみ)
設置時間 タイガースチームショップ アルプス、 スタジアムショップ 10:00~18:00(月曜日定休)
タイガースショップ 開門~試合終了1時間後まで
募金金額 ¥149,798 (昨年:¥176,153)
60歳以上を対象にした「シニア優待デ―」
「シニア優待デー」として満60歳以上の方を対象に「伝統の一戦」(巨人戦)を特別優待

下記日程を「シニア優待デー」として、60歳以上の方を対象に甲子園球場で使用可能な商品券(500円分)と超変革ポストカードがセットになったお得なご優待入場券を合計7,000席(7試合合計)分、応募の中から抽選で配布いたしました。
※2015年は8,000席(8試合合計)を抽選で配布

第1回: ・4月27日(水)、28日(木) ・5月10日(火)、11日(水)
第2回: ・9月6日(火)、7日(水)、8日(木)

若林忠志賞

2011年度より、継続的に社会貢献活動やファンサービス活動に取り組み、野球人として優れた見識を持つ選手を表彰する制度を創設しました。球団創成期からエースとして活躍し、グラウンド外においても、社会貢献活動並びにファンサービス活動という分野においてプロ野球選手としてのパイオニアであった球団OB故若林忠志氏の功績を称え、この賞を「若林忠志賞」と命名し、その意思を継承していきたいと考えました。また、この賞の創設は、現在、当球団がファンサービスや社会貢献活動の充実を図る「Dream Linkプロジェクト」をさらに醸成させるものです。

詳しく見る

2016年度 第6回 若林忠志賞 能見篤史選手

【選考理由】
能見篤史選手は、1勝につき10万円分の玩具を、西宮市と豊岡市の幼稚園等に贈る活動を2014年より継続して行っています。その活動は、子供たちに夢を与えるとともに、積極的に社会貢献活動に取り組む姿勢は、後輩の良き見本にもなっています。

詳しく見る