チーム情報

タイガースヒストリー

TOP > チーム情報 > タイガースヒストリー


2015[H27] 監督:和田豊  成績:3位  70勝71敗2分

1.09 海外FA権を行使していた鳥谷 敬内野手の阪神残留が決定
3.16 マリオ・サンティアゴ投手の入団会見がおこなわれた
3.29 福留 孝介、日米通算通算250本塁打 (中日3回戦 京セラD)
4.29 呉昇桓が通算48セーブを挙げ、球団外国人投手最多記録を更新 (ヤクルト5回戦 甲子園)
5.14 西岡 剛、通算1000試合出場 (ヤクルト8回戦 神宮)
5.28 球団創立 公式戦通算5000勝 (楽天3回戦 甲子園)
6.19 福留孝介が5月度「スカパー!サヨナラ賞」を受賞した
- ネルソン・ペレス外野手の入団会見がおこなわれた
7.03 球団創立 公式戦通算10000試合(DeNA11回戦 横浜)<プロ野球初の記録>
8.12 メッセンジャー、日米通算1000奪三振 (中日19回戦 京セラドーム)
8.16 福留孝介、通算300二塁打 (ヤクルト19回戦 神宮)
9.03 マートン、通算1000本安打 (広島18回戦 甲子園)
9.10 メッセンジャー、通算1000投球回 (巨人22回戦 甲子園)
9.30 和田 豊監督の今季限りでの退任を発表
10.07 広島が敗れ、阪神の3位での3年連続のクライマックスシリーズの進出が決まった
10.10
~12
セ・リーグCSファーストステージ、巨人との3試合、対戦成績1勝2敗でファイナルシリーズ進出ならず
10.13 和田 豊監督の退任会見がおこなわれた<273勝281敗21分>
10.19 金本知憲の監督就任会見がおこなわれた
10.26 掛布雅之の2軍監督就任を発表
11.17 鳥谷敬が、「2015年度(第5回)若林忠志賞」を受賞した
11.24 藤川球児の入団会見がおこなわれた
12.01 国内FA宣言した中日髙橋聡文投手の入団会見がおこなわれた
- マット・ヘイグ内野手と選手契約を締結したと発表した
2016[H28] 監督:金本知憲  成績:4位  64勝76敗3分

1.27 マット・ヘイグ内野手の入団会見がおこなわれた。背番号「36」
3.27 髙橋聡文 100ホールド (中日3回戦 京セラD)
3.31 髙山俊、初球先頭打者本塁打 (ヤクルト3回戦 神宮)
※新人のプロ1号は2リーグ分裂後初
4.24 鳥谷敬、600試合連続フルイニング出場 (広島6回戦 マツダスタジアム)
4.27 福留孝介、日米通算2000試合出場 (巨人5回戦 甲子園)
5.14 鳥谷敬、通算300二塁打 (DeNA10回戦 横浜)
5.26 福留孝介、通算1000打点 (ヤクルト11回戦 神宮)
5.29 メッセンジャー、通算1000奪三振 (巨人10回戦 東京D)
6.07 原口文仁捕手、5月度の「日本生命月間MVP賞」を受賞。
※育成枠を経験した野手での受賞は史上初
6.16 サターホワイト投手の入団会見がおこなわれた。背番号「75」
※4年ぶりに支配下選手登録枠上限の70人に
6.20 福留孝介、通算1500安打 (オリックス3回戦 甲子園)
6.25 福留孝介、日米通算2000安打 (広島11回戦 マツダスタジアム)
7.26 藤川球児、日米通算1000奪三振 (ヤクルト14回戦 甲子園)
7.30 福留孝介、サイクル安打 (中日17回戦 甲子園 /本塁打、単打、三塁打、二塁打)
8.28 藤川球児、公式戦通算600登板 (ヤクルト22回戦 甲子園)
9.10 福留孝介、通算1500試合出場 (ヤクルト23回戦 神宮)
9.23 福原忍投手が、今季限りでの引退を表明した。
9.29 鶴岡一成捕手が、今季限りでの引退を表明した。
10.07 岩貞祐太投手、9月度の「日本生命月間MVP賞」を受賞。
- 藤井彰人のファーム育成コーチの就任会見がおこなわれた。
10.24 福原忍のファーム育成コーチの就任会見がおこなわれた。
11.18 前・ソフトバンクの柳瀬明宏投手の入団会見がおこなわれた。背番号「66」
11.25 オリックスから国内FA宣言した糸井嘉男外野手の入団会見がおこなわれた。背番号「7」
11.28 髙山俊外野手が、セ・リーグの最優秀新人賞を受賞。
12.16 オリックスよりFAで獲得した糸井嘉男外野手の人的補償として、金田和之投手の申し出があった。
 
1935年~1939年 1940年~1944年 1945年~1949年 1950年~1954年 1955年~1959年 1960年~1964年 1965年~1969年 1970年~1974年 1975年~1979年 1980年~1984年 1985年~1989年 1990年~1994年 1995年~1999年 2000年~2004年 2005年~2009年 2010年~2014年 2015年~2019年